嫁にできものがあったら夫婦でバルトレックスを飲む

嫁の性器にできものができていたら、性器ヘルペスの可能性があります。単純ヘルペスウイルスが原因で、性行為によって感染します。感染しても4日~10日の潜伏期間があるので、その間に嫁と性行為をしていると夫も発症している確率が高いです。よって夫婦で治療をしなければなりません。できものは嫁は外陰や膣の入口付近、お尻にできることが多く、夫は亀頭や包皮、陰茎、お尻で見られます。性器ヘルペスは3週間何も起こらなれば自然治癒が可能ですが、急に性器が痛がゆくなったり38℃以上の高熱が出たりと、症状が悪化することもあります。女性は排尿の時に痛みを感じるので、きちんとした治療薬を使うことが大切です。治療にはバルトレックスを用います。塩酸バラシクロビルという成分がウイルスの増殖を防いだり攻撃したりすることで、完治することができます。特に発症して5日以内に服用すれば、重い症状が現れずに治療が完了します。バルトレックスは朝と夜の2回に1錠ずつを水と一緒に飲むだけです。きちんと服用すれば1週間で治ります。バルトレックスにはゾビラックスという先発医薬品が存在しますが、これより服用回数が少なく副作用もほとんど出ないように作られています。薬の表面に膜を張っていますが、患者が体内に入れると膜が外れて有効成分が吸収しやすいように作られています。ヘルペスウイルスは気づかないうちに保有していることが多く、体が疲れているなどで免疫力が低下する時に増殖します。よって一度感染すると再発率が高いので、できものを見つけたらバルトレックスで対処しなければなりません。嫁が妊娠していると産道感染の恐れがあるため、妊娠初期に解決する必要があります。

バルトレックスとヘルペスの関係